• ヲノサトル

やっぱり紙のメモ


皆さん、メモ帳って使ってます? 今や携帯にカレンダーもアドレスも入れられるから、そんなの持たない方も多いのでは?

僕は長らくシステム手帳を使ってきたのですが。最近、スケジュールを決めるタイミングは、打ち合わせや電話よりもメール連絡の方が断然多い。結果として、情報のカット&ペーストが簡単な電子メディアが、メインの「手帳」になってます。紙のメモ帳は単なるバックアップ。いや逆に情報を書き写し忘れることも多く、バックアップの体を成していない。

とはいえ、退屈な会議の席上やボケッとしてる電車の中、息子を迎えに行く路上なんかで「あっ!そうだ!」と思いついた事をすかさずメモしておくには、やはり紙の手帳&ボールペンの組み合わせが一番だと思っています。

当方の場合は文字情報よりも、絵とか図形とか補助線とか書きなぐることの方が多いので、紙面を自由に使えるメモパッドが一番。iphoneにも指先で図形を描きこめるアプリはあるけれど、紙の自由さと瞬発力には及ばないと感じます。

そんなわけで、これまでメモ帳はずいぶん探してきたのですが。選択の基準はおおむねこんな感じ。

文具売場に行けばシャレたメモパッドやノートは無数に並んでますが、意外にこの3条件を満たすものって少ない。(あ、後から思ったけどもう1つ、ビリリと簡単にページが破けるって条件も加えておきたい)

デザイン的には、かの有名なモレスキンが、さすがの貫禄。小さいながらも、いかにもタフ。持ってるだけで何か仕事のできる人間になった気がします!

ただ、表紙がちょっと厚すぎるし、ポケットに突っ込むにはかさばるので、僕は五線紙仕様のやつだけ使ってます。非常用(たまたま聞こえてきたイイ曲を採譜する…とか)ってことで。

それから、ロディア(写真中央)も有名ですね。ビビッドな黄色がカワイイ。

グラフ罫が入ってたり、各ページ切り取り線が入ってたりと、なかなか実用的です。サイズもかなり小さいのがあるから、ポケットに忍ばせたりするのに良い。 ただし、ノリで背が綴じられてるタイプなので、開いたページをそのままにしておく事ができない。そこが残念。毎回、同じページを開き直すのは結構めんどう。

そこで残ったのが、雑貨屋さんF.O.B COOPのオリジナル手帳。

写真でおわかりの通り、リングで綴じられてるから好きなページを開きっぱなしにできる。表紙も裏表紙も厚紙なうえ、さらに表紙をカバーする半透明プラスチック板がついてる。この板と表紙の2枚を裏側にまわすと、厚紙3枚が台紙になるわけです。これは非常に書きやすい。デスクのない場所で立ったままメモをとることが多い人に、うってつけ。デザインもクールだしね。

つけ加えれば、1冊たったの250円!書き損じも気にせずビリビリ破きながら使い倒すにはこの値段、嬉しいじゃないですか!こういったメモ用の手帳を探してる方には、大推薦です。

#雑感

Copyright © 2017 Satoru Wono All rights reserved.