photo: Seitaro Tanaka

Satoru WONO - composer, musician

In 1987, WONO got the Rookie of the Year award for composition from the Japan Contemporary Music Association and started his work as a composer. After several years, he extended his activity to pop music and released solo CD "Sweet Science", "El Nino" etc. to represent mixture of lounge music and electronics. On the other hand, he keeps trying to compose the experimental sounds with electro-acoustic devices and releases solo CD "Sauvage", "Sonata for sine wave and white noise" and so on. As a music director, he plays the stamp organ for a Japanese art group Maywa Denki. His recent projects are PLEASURE CHANNEL a production for dance tracks, XILICON a electronic pop song group, BLACK VELVETS a lounge music band. His activity includes the arrangement and production for pop music and films, collaboration with dance company Co. Yamada Un, writing, research and education as professor at Tama Art University in Tokyo.

ヲノサトル 作曲家, 音楽家

1987年日本現代音楽協会作曲新人賞を受賞し, 現代音楽の作曲家として活動を開始. 1990年頃より電子楽器による即興演奏を始め, 92年 有馬純寿, 前林明次とコンピュータ音楽ユニット rec*rep を結成. その後ポップスの領域に活動を広げ, バンド ラヴ&ジェラス でメジャーデビュー. 電子音響とムード音楽の融合をテーマにソロCDを発表し続け. 小川範子, 浜崎貴司, オノセイゲンなど様々なアーティストのプロデュース・作編曲・リミックスを手がける. 95年から「経理のヲノさん」の名でユニット 明和電機 の音楽監督=足踏みオルガン奏者を務め, 03年にはラウンジ音楽バンド ブラック・ベルベッツ にも参加するなど, 様々な形で "現在形のムード音楽” を追求.  フランスの実験音楽レーベル SONORE から電子音楽作品を発表. 1999年よりJUICY ZONE, 2009年より PLEASURE CHANNEL 名義でDJ, ダンストラックをリリース. 2012年にはエレクトロ・ユニット XILICON に参加. 近年は Co. 山田うん や能楽師 安田登とのコラボレーションなど, 舞台作品にも音楽を提供. 『甘い作曲講座』『作曲上達100の裏ワザ』などの著書があり, 多摩美術大学美術学部教授として音楽や映像についての講義を担当している.

Copyright © 2017 Satoru Wono All rights reserved.