ダンス音楽ブックレビュー

世界のダンス 

― 民族の踊り、その歴史と文化
ジェラルド・ジョナス (訳: 田中祥子+山口順子), 大修館書房, 2000

 

なぜわれわれがダンスするのかって?
われわれは生きているから、
石ではないからダンスをするのだと思う。
いままでに石がダンスをするのを見たことがあるか?

 

ー あるアフリカの学者

ダンスやダンス・ミュージックについて調べ始めると、資料のほとんどが「バレエ」とか「フラメンコ」とか「サイケデリック・テクノ」といった、特定のジャンルに関するものであることに気づく。

 

だが、そうした細分化の前に、ひとまず「ダンスとは何なのか」を概観しておくためのリファレンスが必要ではないか。そう考えていた当方にとって、本書はまさしく最適な「最初の一冊」となった。

これまでダンスに関するアカデミックな研究は、西洋社会のダンスを扱う「ダンス批評」や「歴史学」と、非西洋社会のダンスを扱う「ダンス民俗学」や「人類学」に分けられていた。

 

しかし本書は、人類に共通する「ダンス」の本質を探るため、歴史や地理的な差異ではなく、社会における「機能」という区分で、様々なダンスを分析している。

 

たとえば、西洋文明の視点からは野蛮で卑俗とみられてきたアフリカのダンスには、実は男女の接触がほとんどない。男女よりも「集団」と「個人」の対比が、ダンスの主題となる場合が多い。

 

ところが西洋のダンスは、男女のカップルという組み合わせが基本となる。社交ダンスからバレエまで、性差や性的な意味合いが常に強調されるのは、むしろ西洋のダンスの方なのだ。

 

宮廷舞踊はもともと、王侯貴族の間で「自由恋愛」がブームになったことに起源があるという。「卑俗」な文化はむしろ西洋の方だったのではないか?そんな文化のちがいが、ダンスの形態から浮かび上がってくる。

 

また、本書はもともとドキュメンタリー・ビデオとの並行企画であるだけに、写真や図版が実に豊富で楽しい。

 バレエ。社交ダンス。モダンダンス。暗黒舞踏。南太平洋のダンス。アフリカのダンス。イスラムのダンス。アボリジニのダンス。ネイティヴ・アメリカンのダンス。バリのトランス。リオのカーニバル。原宿のホコテン。ニジンスキー。マース・カニングハム。プレスリー。マイケル・ジャクソン………

 

 ありとあらゆるダンスが登場する、これはめくるめくダンス絵巻。

 

(2007年1月12日)

Copyright © 2017 Satoru Wono All rights reserved.