ダンス音楽ブックレビュー

アーバン・トライバル・スタディーズ ― パーティ、クラブ文化の社会学

上野 俊哉, 月曜社, 2005

 

たとえたったひとりが孤独に踊り続けていても、つねにダンスは他のクラウドの身体に呼応しているし、他者の身体と共にある。踊ることは身体を通して自分自身に、また他者やクラウドに語りかけることなのである。

 

- 上野 俊哉

レイヴ、それも主にサイケデリック・トランスのギャザリング(集会、パーティ)の社会的意味を、カルチュラル・スタディーズの手法で分析考察した理論書。

 

……と書いたのでは本書の魅力は全く伝わるまい。社会学者でありつつトラヴェラー、DJ、アクティヴィストとして実際に世界中の「現場」に参加し続ける著者が、踊りながら考え、考えながら踊る、そのプロセス自体を文章化したようなパワフルな一冊だ。

 

社会学/思想的な用語を用いて丹念に論理を進めていく本書は、決して「読みやすい」本ではない。いわばベンヤミン流の「現実の複雑さ、出来事やテキストの不可解さにぶつかったさい、簡単に通り過ぎてしまわないで、ぎくしゃくと突っかかりながら、いっそう読者が迷っていくような文体と思考」によって、レイヴというアンダーグラウンドかつだが同時にポップでもある現象を解読していく。

 

趣味、感覚、スタイル、カルチャーを共有する集団を「トライブ(部族)」と定義するならば、めまぐるしく変容し重なり合いながら様々なトライブが出現するメディア空間として、「都市」の新しい姿が立ち上がってくるだろう。あるいは都市やストリートを浮遊する「メディア・トライブ」とでも呼ぶべき、新しい社会単位の枠組みも見えてくるだろう。

 

このように考える筆者は、第1章で「アーバン・トライバル・スタディーズ」(都市の部族研究)を提唱し、「踊るトライヴ」の意味を探ろうとする。

 

先行文献や他分野を参照しながら研究手法や立ち位置を仔細に検討する第2章。

 

社会・群衆・空間……と視点を浮遊させつつ、ダンスするクラウドの情動や思考を言語化していく第3章。

 

都市のリズム、トランスミュージックにおける文化帝国主義の克服、DJとしての著者の経験談…と次第に話がストリートレベルの現実に向かう第4章。

 

そして第5章では、ニューエイジ・トラヴェラー出現の背景と、踊るトライヴを敵視し封じ込めようとする大衆や権力の姿が解読される。

 

最後に著者は、野外パーティこそが日常の中の「展覧会」や「祭」となっていくのではないか、というポジティヴな観測にたどり着く。地元(ネイティヴ)と地縁を越えたトライヴ集団とが出会う場所=「一時的自律接触領域」となる可能性が野外パーティにはある、と。

 

ここには、クールな観察者としてだけでなく、自らトライヴの一員としてこのフィールドに参与し続ける著者の視点が大いに反映されている。

 

よりリアルで主観的な体験記、たとえば『レイヴ・トラヴェラー  踊る旅人』(清野栄一などとの併読をおすすめしたい。

 

(2007年8月29日)

Please reload

Copyright © 2017 Satoru Wono All rights reserved.